パパッパパッパー

電車好きな2歳の息子との日々を楽しむブログ

2歳の子どもが大喜び!地下鉄博物館(ちかはく)の魅力は「すべてがちょうどいい」

f:id:papappa:20180108230925j:plain

東京都江戸川区にある「地下鉄博物館」に行ってきました。2歳6カ月の息子を連れて3回行っている僕が「いいなあ」と思ったところと、行ったときのコツを紹介しますよーヾ(*´∀`*)ノ

 地下鉄博物館はサイズ感や料金、展示内容とどれをとっても小さな子連れにおすすめのスポットです。あくまで2歳5カ月の子どもを連れたパパ目線ですが、地下鉄博物館のいいところより楽しむためのコツをあげていきます。

地下鉄博物館の「いいところ」

1.駅近で雨の日でも濡れずに行ける!

 僕はいつも東西線を使っていくのですが、最寄り駅の葛西駅のすぐ下に地下鉄博物館があります。西船橋方面からきた場合「地下鉄博物館方面出口」があるので、そこから降りればすぐです。ここのルートを使えば、外が雨でもほぼ濡れずに入口まで行けます

f:id:papappa:20180108230946j:plain

階段を降りると目の前に入口が!

我が家で雨の日に外に出にくいときの選択肢のひとつに挙がる理由がコレです。

ただし上りはエスカレーターがありますが、下りのエスカレーターがないので、ベビーカーできたときには子どもを下ろして降りるか、ベビーカーのまま降りる必要があります。今回はベビーカーを置いてきたので、2歳児と一緒に階段をトコトコ降りてきました。

2.幼児は無料! とにかく料金が安い!

 入館料大人210円、子ども100円(満4歳以上中学生まで)と激安! 3歳いっぱいまでは子ども無料というのは助かりますね。2歳の息子ももちろん無料です。

f:id:papappa:20180108231025j:plain

余談ですが、入口では入場券をハサミで切ってもらえます。今は無き鉄道の光景を子どもにも体験させられるっていいですねえ。

3.幼児連れにはちょうどいい広さ

 幼児を連れて歩いても、だいたい1~2時間くらいあれば全部見て回れるサイズ。大人からするとちょっと物足りないかもしれませんが、子連れの親としては、徒歩の移動距離が長いのはキツイんです。それぞれの展示がほどよい近さにある、ちょうどいい広さが気に入っています。

f:id:papappa:20180108231227j:plain

昔の地下鉄の車両にも乗れます。座席に上がるときは靴を脱いでね。

4.本格的なシミュレーターもアリ!

 本物と同じ車両を使用した千代田線のシミュレーターをはじめ銀座線、有楽町線、東西線のシミュレーターを無料で体験できます。まあ、ウチの2息子はまだ全然興味がないんですけど…(笑)。子どもが小学生くらいになったら、すごく楽しめそうです。

f:id:papappa:20180108231652j:plain

千代田線のシミュレーターは大人気。映像はもちろん実写です。後ろの座席に座って、運転する様子を見ることもできます。

5.休憩コーナーで持ち込んだお弁当が食べられる

 館内にある休憩コーナーには、パンや飲み物の自動販売機があります。ここで買ってもいいですが、持ち込み自由なので近くのコンビニで買ってくるのがオススメ。ランチ代もリーズナブルに抑えられます。

f:id:papappa:20180108231949j:plain

コンビニで買っていったおにぎりを食べさせたり。

6.再入場ができる!

出口のところで再入場券をもらうと、一度外に出て再入場することも可能です。周辺にはガストなどのファミレスもあるので、外で食べてから戻ってくるというのもいいですね。

7.トイレが清潔でオムツ替えもしやすい

小さな子ども連れのときには、とくに重要なのがトイレですよね。ここにはオムツ替えがしやすい車イス対応の大きなトイレのほか、子ども用トイレ(男性用でしか確認できてませんが)もあり、とてもキレイです。

地下鉄博物館を楽しむコツ

1.メトロパノラマは15分前から場所取りを!

都内の地下鉄を再現したジオラマ「メトロパノラマ」は、1日4回のタイミングで模型の電車が走るイベントがあります。これは絶対見ておいてほしいのですが、かなりの人が集中するので15分前くらいから場所取りをしておいたほうがいいです。

f:id:papappa:20180109225752j:plain

とくに、自動運転で駅に停車した電車を発進させられるボタンがある場所は人気なのでお早めに。Twitterの動画で紹介していますが「車庫」の前も個人的にはおすすめです。

2.メトロパノラマ中は、ほかの展示や休憩スペースが結構空いている

メトロパノラマはとても混む=ほかの展示が空くということ。実物の電車の運転席に座ったり、電車の模型を走らせる展示は人気があるので、このときが狙い目になります。

f:id:papappa:20180108232242j:plain

銀座線01系の運転席に座って運転士気分も味わえます。今回は見向きもされなかったので、去年の写真です。

3.スタンプラリーは超おすすめ!

 館内にある売店で店員さんに「スタンプラリーのノートをください」と言うと「ちかはく探検スタンプノート」が200円で買えます。スタンプを押すのが大人も子どもも楽しいだけでなく、全部集めるとちょっとした記念品ももらえます。スタンプラリーのノートそのものも持ち帰れるので、値段以上に楽しめます。

f:id:papappa:20180108232413j:plain

2歳の息子はココに夢中でした!

今日は天気がややすぐれなかったのですが、それを見越して結構な人数の親子連れがきていました。小さな子どもたちも多くて、みんな譲り合って遊ぶ姿が印象的でした。とはいえ、そこまですごく混まないのも地下鉄博物館の魅力。

うちの息子は博物館が相当楽しかったらしく、終始テンション高めの小走りで館内を巡っていました。

f:id:papappa:20180109230638j:plain
f:id:papappa:20180109230627j:plain
この大型の鉄道模型が大のお気に入り。かれこれ15分くらい眺めていました。

 

f:id:papappa:20180109230953j:plain
f:id:papappa:20180109231204j:plain
模型の電車が2つの駅を往復する展示もお気に入り。駅で電車が止まったら、ボタンを押すと発車します。

模型の電車がくる展示では、電車がきたら「でんしゃ きた!」、電車の模型がいったら「ばいばいー」と手を振ったり、ご機嫌でしたね(笑)。

家に帰ったらスタンプラリーのノートを持って「ちかてつ はくうつあん(博物館)」と興奮気味に言ってて思わず笑っちゃいました。行っている最中は名前なんて言わなかったので、どこかで覚えていたか、僕が妻に話している内容がわかっていたのかな? これだけ喜んでくれると、連れて行ったかいがあります。

みなさんも雨の日や行く場所に迷ったら、ぜひ行ってみてくださいね。

 

▼そのほかの鉄道ネタ

blog.papappa.top

blog.papappa.top

blog.papappa.top

▼前に書いた息子とのお出かけ先の記事です。

blog.papappa.top

最後まで読んでいただいてありがとうございました。