パパッパパッパー

電車好きな2歳の息子との日々を楽しむブログ

葛西臨海水族園に子どもと何度も行きたくなる3つの理由とは?

f:id:papappa:20171224225609j:plain

メリークリスマス! 今日12月24日のクリスマスイブに、2歳5カ月の息子と2人で葛西臨海水族園に行ってきました。なんと8月から数えてもう4回目。何がそんなに気に入ったのかというと…。

 やはり小さい子どもへの対応のよさかなあと思います。

葛西臨海水族園へは息子が1歳ちょっとのときに初めて連れていって、そのときの展示の内容やスタッフの対応がすごくよかったんですね。

それで8月に行ったときに思わず年間パスポート(2,800円)を購入しちゃいました。通常の入園料が700円(高校生以上)なので、4回行けば元をとったことになりますね。

もちろん元をとりたいという気持ちはあるのですが、それ以外に行くたびに僕が「いいなあ」と思う理由を3つあげていきますね。

1.ベビーカー対応が素晴らしい

葛西臨海公園駅のホームから、葛西臨海水族園内の出口まで全部ベビーカーで行けます。駅ではエレベータを使って地上まで出られます。

 

f:id:papappa:20171224231204j:plain

葛西臨海公園駅は、エレベーターにペンギンや鳥の姿が描かれているのもかわいいです。

葛西臨海水族園までは車イス用の歩道があって、ベビーカーも比較的ゆれないで進めます。葛西臨海水族園には、ベビーカー専用の通路を用意。エレベーターでちょっと裏口を通るような感じで園内に入っていきます。

通常のルートと違うので、大きな扉をいくつか開けていくところが少し大変ですが、近くにスタッフがいる場合はサポートしてくれます。0歳から1歳くらいの子どもをベビーカーに乗せてどこかに行きたいと思ったとき、葛西臨海水族園はかなりおすすめの場所です。

また、入口でベビーカーを預かってくれるのもいいところ。2歳を過ぎると結構歩けるようになりますし、歩かせることがお出かけの目的にもなりますから、入口まではベビーカーで行って園内は歩いて散策するのがおすすめですね。

2.全体的な規模が『ちょうどいい』

子どもと歩きながら回ってもだいたい1時間~1時間30分くらいあれば全部回れます。10時くらいに入れば、ちょうどお昼を食べて外に出るといい感じ。

f:id:papappa:20171224231406j:plain

レストランもありますが、お弁当を持ち込んで食べられる場所も用意されています。

帰りに公園内を散策して観覧車に乗って帰ってもいいですし、お昼寝しそうだったらそのまま家に帰ってしまうのも手。午後は別のことで遊べます。

 3.足元までガラスの水槽がある

f:id:papappa:20171224232035j:plain

小さい子どもを連れていると、どうしても抱っこをして見せることが多く、41歳のおっさんとしては体力的に結構キツイです。ところが後半にある水槽では、足元までガラスでできた水槽があるので、小さい子どもでもそのまま立ってみたり、しゃがんでのぞきこんだりできます。こういうところも小さい子どもにおすすめな理由です。

同じところに何度も行くと新しい発見がある?

葛西臨海水族園が小さな子どもにおすすめな理由をあげたところで、年間パスポートを買って行くようになってから、ウチの息子がどんなリアクションをするようになったかをちょっとまとめてみました。

1回目:だいたい「ぼーっ」と見てるだけ

f:id:papappa:20171224224137j:plain

青い小さな魚を見て「おさかな!」と言ってましたが、それ以降だいたい「ぼーっ」とながめているだけでした。あまり大きな魚になると生き物として認知できないのか、とくにリアクションが薄かったです。

f:id:papappa:20171224223833j:plain

8月の暑い日に行ったので入口に氷が置いてあり、それを触ったときが一番いい表情をしていました。氷が緑色なのは、下に緑色のシートが敷いてあったからです。

2回目:マグロよりも非常灯

f:id:papappa:20171224225118j:plain

2回目に訪れたのは9月。葛西臨海水族園はマグロが回遊する大きな円形の水槽で有名です。そこにたたずむ息子を撮ろうとしたのですが、息子は足元の非常灯のほうが気になっていました(笑)。

f:id:papappa:20171224225558j:plain

ちなみにこの日はペンギンが大量に移動する様子が見られてビックリしました。前回行ったときはペンギンは完全スルーしていた息子も、今回はちょっと見とれていました。

f:id:papappa:20171224225705j:plain

この日は早い時間に行ったこともあり、サメやエイに触れるタッチフィーリンに初挑戦。直に魚を触ったことがない息子は、おっかなびっくりながらもいいリアクションをしていました。

3回目:息子と同じ目線から見てみた

f:id:papappa:20171224230352j:plain

11月に来訪。午後から行ったので移動中に息子が寝てしまい、ペンギンがいる外のエリアにきたときにようやく起きてくれました…。そこで最初に「しおだまり」の観察するところに行ったら「おさかな!」と寝起きにも関わらずテンション高めに反応してくれたのがうれしかったです。

f:id:papappa:20171224232321j:plain

この日は入口でベビーカーを預けられなかったので、ベビーカーから降りたり乗せたりしつつ見て回りました。ベビーカーの息子が見上げる視点で写真を撮ると、いつもとちょっと違った感じに見えておもしろかったです。

4回目:息子がだいぶ慣れて楽しめるように

4回目が今日です。今日は朝イチで行ったということもあり、前半の水槽を比較的少人数で見られたせいもあって、息子もいろいろな魚に「おさかな!」と連呼していました。フグが近くを通ったときは、興奮して歓声をあげたほど。前は「ぼーっ」と見ているだけだったのが、数カ月でこんなに変わっちゃうとは!

一番驚いたのが、お昼を食べるスペースについたときに「すわって!」と僕を席に案内し、リュックを指さして「あけて」「おなか ぺこぺこ!」と言ったことです。ここの場所でご飯を食べるということを覚えていたんですねえ。でも、今日は朝ご飯を8時に食べ終わって、食べる場所に着いたのが10時30分なんですけど…。さすがに早すぎる! というわけで…。

f:id:papappa:20171224233456j:plain

そのあと、軽くもう1周してご飯にしました。