パパッパパッパー

電車好きな2歳の息子との日々を楽しむブログ

12/10放送の「イッテQ」日本人学校で使われている教科書の例文がすごい

12/10放送の「世界の果てまでイッテQ」の人気企画「珍獣ハンターイモトワールドツアー in アゼルバイジャン」で出てきた日本人学校で使われている教科書の例文が超おもしろかったのでまとめました。

 アゼルバイジャンが「親日家」になった理由

アゼルバイジャンは、2006年にアゼルバイジャンの大統領が来日した際に、日本の街並みや技術、おもてなしの心に感銘を受けて、日本を友好の最優先国に決定。積極的に日本の文化を取り入れたので、多くのアゼルバイジャンの人々が親日家になっているようです。

番組では本格的で美しい日本庭園があったほか、日本人はビザも無料になると紹介されていました。

そのアゼルバイジャンで日本語学部がある大学をイモトが訪れて、日本語の授業に参加したのですが、授業で出た例文の数々がとにかくおもしろいんです。

アゼルバイジャンの大学が学んでいる日本語の例文

  • 「彼はいつも一言多いので、みんなに嫌われています。」
  • 「自分は偉いと思って人を見下していると、そのうち逆に他の人から見下されるようになります。」
  • 「高校を卒業してから、弟はいろんな会社を転々とした。そして結局は、父親のレストランを継ぐことになった」
  • 「毎日お風呂の水を替える家もあるし、2~3日替えない家もある」
  • 「あんなに素敵な人なのに、色っぽい話がなにもないなんて絶対おかしい」

番組公式HPより抜粋

先生が文節ごとに読み上げつつ、生徒が復唱する授業のスタイルは普通なのに、読み上げる文章がぜんぜん教科書らしくない。でも僕は今日の番組内容のなかで、ここが一番好きでしたね。

コーナーが終わったあとで、そういう教科書を作った意図みたいなものを考えてみたとき、今年日本でブレイクしたあのドリルのことを思い出したんです。

これって、アゼルバイジャン的「うんこ漢字ドリル」なんじゃない?

あのドリルとは…そう「うんこ漢字ドリル」です。例文を全部うんこにからめてしまうことで、ブリブリ学力が上がっちゃうというドリルですね。

まじめな文章を読んでいるだけでは、学生にとってもちょっと退屈に思えてしまうかもしれませんが、意味を知ったときに笑える内容になっていると思わず興味を持っちゃうし、次の問題を早くやりたくなっちゃいそうです。

思い返せば、自分が高校のときに読んでた英語の教科書の内容はたいして覚えてないのですが、途中のコラムで「蚊がなぜ人を刺すのか?」という英文があって、それだけ妙に覚えているんです

そういう意味では、アゼルバイジャンの大学が使っている教科書はすごくいいテキストなんじゃないかと。

自分はもう英語を勉強し直すことはなさそうですけど、自分の子どもにはこういうちょっと違った角度でおもしろい勉強をさせてあげられたらいいなあと思いました。

 

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生